認知症予防に効果? シニア役者が増えるワケ

2016/05/31 11:30

 客席の明かりが消えて場内が真っ暗になる。木枯らしの音とともに現れる、黒いマント姿の一羽のカラス。カラスは有賀という人間に姿を変えて、これから舞台上で繰り広げられる「君のすんでいた町が過去になるものがたり」を黙って見つめる……。2016年5月、東京・中野、かんじゅく座第10回公演「カラスの声も、しわがれる…」(以下、「カラスの声」)の開演だ。

あわせて読みたい

  • 妻が退職金持ち逃げ…おひとりさま老後の悲しい現実

    妻が退職金持ち逃げ…おひとりさま老後の悲しい現実

    週刊朝日

    12/21

    渡辺徹「演出家」を志した情熱が再燃 俳優生活40周年に家族で朗読劇も

    渡辺徹「演出家」を志した情熱が再燃 俳優生活40周年に家族で朗読劇も

    週刊朝日

    12/23

  • 40年劇団に関わってきた渡辺えり「時代に合わなくなってきた」

    40年劇団に関わってきた渡辺えり「時代に合わなくなってきた」

    週刊朝日

    8/21

    渡辺えり「死の恐怖から逃れるため」 演劇始めた理由語る

    渡辺えり「死の恐怖から逃れるため」 演劇始めた理由語る

    週刊朝日

    1/27

  • 「私も芝居を書こう」渡辺えり、演劇人生の原点とは?

    「私も芝居を書こう」渡辺えり、演劇人生の原点とは?

    週刊朝日

    11/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す