嵐山光三郎「瀬戸内寂聴著『求愛』が凄い」

読書

2016/05/26 16:00

 瀬戸内寂聴氏の掌(てのひら)小説集「求愛」を読んだ作家の嵐山光三郎氏は、怖くて読み出すと止まらない作品だと評する。

あわせて読みたい

  • 求愛

    求愛

    週刊朝日

    7/21

    「瀬戸内寂聴展」始まる 寂聴さんの言葉「うんと泣いた後、ちょっと笑って」がしみる

    「瀬戸内寂聴展」始まる 寂聴さんの言葉「うんと泣いた後、ちょっと笑って」がしみる

    週刊朝日

    8/10

  • 田原総一朗「自由だけど奔放ではない“人間”寂聴さんとの思い出」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「自由だけど奔放ではない“人間”寂聴さんとの思い出」

    週刊朝日

    11/24

    しめやかに、でも楽しく 瀬戸内寂聴さん「お別れの会」開催

    しめやかに、でも楽しく 瀬戸内寂聴さん「お別れの会」開催

    週刊朝日

    7/28

  • 瀬戸内寂聴「これが最後の長編小説になるかも」 自著への思い明かす

    瀬戸内寂聴「これが最後の長編小説になるかも」 自著への思い明かす

    AERA

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す