平昌五輪特集

AERA dot.

プロ野球「即戦力ルーキー」に変化 プロアマ交流の賜物?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修

宮崎キャンプで投球練習をする巨人の桜井投手 (c)朝日新聞社

宮崎キャンプで投球練習をする巨人の桜井投手 (c)朝日新聞社

 オープン戦も始まるプロ野球。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、優勝するためには即戦力を見極めることが大切だと言及する。

*  *  *
 3月にはオープン戦も本格化し、ベテランを含めた主力陣の調整にも力が入ってくる。とりわけ、各球団の監督が気にしているのは、新戦力の動向だろう。1軍入りのかかった選手もそうだが、大卒・社会人で獲得した即戦力候補が1軍レベルにあるのかどうか──。今季の戦力を占う意味で、期待と不安が交錯していることだろう。

 特に今年は、大学・社会人の即戦力投手をドラフト上位に指名した球団が多い。セ・リーグだけを見ても、巨人・桜井俊貴、ヤクルト・原樹理、広島・岡田明丈、DeNAの今永昇太がドラフト1位だ。

 150キロ超の速球でねじ伏せるパワーピッチャーというよりは、制球や緩急を交えた総合力で勝負する投手がそろっている。報道を見る限り、どの投手も順調に調整できているようだが、ここからが本当の勝負だ。監督の観察眼は3月から鋭くなってくる。

 2月は、投手のほうが調整が速い。3月上旬から中旬になってようやく、打者の調整が上がってきて、主力選手も打席での集中力が増してくる。監督としては、その時期になって初めて投手の総合力を確認することができる。一つひとつの球種に対し、打者がどんな反応を示すか。空振りを取れる球種なのかどうか。

 走者を背負ったときのマウンドでの落ち着き具合や対応力も、この時点で見えてくる。ブルペンでは勢いのある球を投げていても、打者が立つと実力を発揮できない投手もいる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   東尾修 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加