“トーストをくわえながら走る登校中の女子”がいない3つの理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“トーストをくわえながら走る登校中の女子”がいない3つの理由

週刊朝日
トースト娘に会えない理由は?

トースト娘に会えない理由は?

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今回は漫画やドラマである定番の出会いが、現実ではなぜ起きないのか考察。

*  *  *
「トーストをくわえながら走る登校中の女子」は、本当にこの世の中にいるのだろうか。

「あー、もう遅刻遅刻っ!!」

 と慌ててトーストを頬張り、「もうっ! 朝ごはんくらいちゃんと食べなさいよっ!!」

 とお母さんに呆れられ、

「忘れ物ないかー?」

 と新聞を手にしたお父さんから声をかけられ、

「ははは、姉ちゃんまた寝坊かよー!」

 と弟から笑われる、おっちょこちょいな「トースト娘(以下、トー娘)」に会ってみたい。

 もはや「古典」だ。フィクションの世界ではあんなに目にするのに、私がなかなか会えないのはなぜなのか? いるんだろう? 隠れてないで出てこい。

 思い至る「私が『トー娘』に会えない理由」。

【1】単にタイミングが悪い──走ってる女子はよく見かけるので、遭遇した時点で既にトーストを完食してるのかもしれない。

【2】「トー娘」は意外と恥ずかしがり屋──やはり乙女だからくわえながら登校する日は、人目につきづらい裏道を走ってるのかもしれない。

【3】我が家の近所では朝食はごはん派が多い──若いうちはなんだかんだで、パンより腹もちのいいごはんなのかもしれない。

 空想の翼を広げれば、「トー娘」は絶対にいる……かもしれない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい