「ボツイチ」楽しむシニア 秘訣は“好きな人を作る”?

おひとりさま

2015/12/21 07:00

 一人暮らしのシニアが増えている。近頃は死に別れのおひとりさまを「ボツイチ」と呼ぶことも。大切な人を失えば、喪失感に襲われる。立ち直るきっかけは何か。料理をしたり、旅をしたり、恋をしたり……。自分なりのサバイバル術で前向きに強く生きる人たちを紹介する。

あわせて読みたい

  • 退職後に家で嫌な顔をされる男性、どうすれば? 帯津医師が助言
    筆者の顔写真

    帯津良一

    退職後に家で嫌な顔をされる男性、どうすれば? 帯津医師が助言

    週刊朝日

    9/30

    中瀬ゆかり「ボツイチに勇気を与えた猪瀬直樹&蜷川有紀、年齢128歳カップルの熱愛」
    筆者の顔写真

    中瀬ゆかり

    中瀬ゆかり「ボツイチに勇気を与えた猪瀬直樹&蜷川有紀、年齢128歳カップルの熱愛」

    dot.

    5/31

  • 中瀬ゆかり「そうか、もう君はいないのか…。黒皮の手帳に残された言葉とは?」
    筆者の顔写真

    中瀬ゆかり

    中瀬ゆかり「そうか、もう君はいないのか…。黒皮の手帳に残された言葉とは?」

    dot.

    9/20

    中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」
    筆者の顔写真

    中瀬ゆかり

    中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

    dot.

    8/9

  • 40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由

    週刊朝日

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す