“疑似炎”なのにリラックス効果も マンションでも楽しめる「暖炉」とは 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“疑似炎”なのにリラックス効果も マンションでも楽しめる「暖炉」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディンプレックス電気暖炉 クラブ ブラック 5万6160円英国で1949年に設立されたディンプレックス社は、世界で初めてオイルヒーターを誕生させたブランド。「クラブ」は高さ60cm、幅49cm、奥行き33.2cm。電源コード長1.8mで、重さ21kg。転倒時電源遮断装置と過熱防止装置付き(撮影/写真部・松永卓也)

ディンプレックス
電気暖炉 クラブ ブラック 5万6160円

英国で1949年に設立されたディンプレックス社は、世界で初めてオイルヒーターを誕生させたブランド。「クラブ」は高さ60cm、幅49cm、奥行き33.2cm。電源コード長1.8mで、重さ21kg。転倒時電源遮断装置と過熱防止装置付き(撮影/写真部・松永卓也)

 贈り物として、自分自身を“大人”として演出するものとして、知っておきたい“粋”な一品。今回は、ディンプレックスの電気暖炉「クラブ(ブラック)」を紹介する。

*  *  *
 住宅密集地やマンションではかなわない「暖炉がある暮らし」。それを手軽に味わえるのが、ディンプレックスの電気暖炉だ。薪ストーブの炎を疑似炎で再現。5段階の光の反射と屈折で立体的なゆらめきを演出する。

 見た目から暖まるのはもちろん、強弱2段階の温風で部屋をしっかり暖める。電源を入れるだけで設置工事は不要。空気を汚さず、お手入れも簡単だ。コンパクトな「クラブ」は、3~8畳の部屋に適している。

 炎のゆらめきには「f分の1ゆらぎ」があるという。リラックスした冬のひとときを過ごしたい。

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)

週刊朝日 2015年12月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい