都市部の老人ホームは4~5千万円が必要? おひとりさまの“終のすみか”選び (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都市部の老人ホームは4~5千万円が必要? おひとりさまの“終のすみか”選び

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

どんな住み替え先が適当なのか?(※イメージ)

どんな住み替え先が適当なのか?(※イメージ)

 他方、有料老人ホームやサ高住、シニア向けマンションは、立地、施設やサービス内容により幅はあるが、ある程度まとまった額が求められる。高齢者住宅情報センター大阪センター長の米沢なな子さんは、

「人件費も地代も高い東京や大阪などの大都市の有料老人ホームは、入居一時金が3千万円ほど必要。更に月々の管理費もかかります。入居時に4千万~5千万円ぐらいの資産がなければ厳しいでしょう」

 と話す。施設が充実したシニア向けマンションも同様だ。サ高住は賃貸が基本だが、賃料の前払いが求められる場合もある。都市部は賃料も15万~20万円程度みておくべきだろう。

 こうした施設のハードルは高いが、解決策はある。都市部を離れるのだ。

「地方なら有料老人ホームなどの高齢者住宅でも、1千万円ぐらいの物件があります」(米沢さん)

 大都市でも、プールに温泉などの豪華設備を望まなければ、手が届きやすくなるのではないかという。

 確かに、住み慣れた地域からの移住も視野に入れれば、身の丈に合う住まいは見つかる。けれども、おひとりさまにとって、友人や、仕事などを通じて築き上げた関係は、時に血縁のしがらみよりも重みがある。「移住は嫌」「生活を変えたくない」と望む高齢のおひとりさまが圧倒的だという。

 だが、前出の中村さんは経験上、「立地や生活スタイルにこだわりすぎないほうがいい」と助言する。

「大切なのは、住まいの質です。施設だとストレスが少ないからか、自分で思った以上に長生きされるんです。人生のかなりの時間を過ごすことを考えたら、食事や入居者の方や施設の雰囲気、スタッフの対応などを、重視したほうがいいでしょう」

週刊朝日  2015年10月9日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい