地価減少の郊外は売却を 首都圏で広がる相続税課税エリア

2015/08/18 07:00

 今年から相続税が「増税」された。さらに、評価額に直結する路線価は都市部を中心にひたひたと上昇中で、ダブルパンチの負担増が心配される。いったいどの地域の、どれぐらいの広さの土地が課税されるのか。

あわせて読みたい

  • 相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    週刊朝日

    8/7

    相続税がかかる最小宅地面積 京阪神トップ1は「桃谷」

    相続税がかかる最小宅地面積 京阪神トップ1は「桃谷」

    週刊朝日

    8/9

  • 名古屋圏路線価アップ 相続税が増える駅とは?

    名古屋圏路線価アップ 相続税が増える駅とは?

    週刊朝日

    8/7

    真面目な県民性のせい? 名古屋で相続税課税対象者が増加

    真面目な県民性のせい? 名古屋で相続税課税対象者が増加

    週刊朝日

    8/24

  • 相続税が発生する「最小」の宅地面積 2平方メートルのエリアも!

    相続税が発生する「最小」の宅地面積 2平方メートルのエリアも!

    AERA

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す