「近所の誰かとつながろう」シニアの危機はこうして防ぐ

おひとりさま

2015/08/11 07:00

 配偶者が亡くなったり、子どもが独立したり、同居する家族がいなくなり一人になったとき、ご近所が支えになることがある。ちょっとしたおしゃべりや食事の差し入れ、安否確認に手の届かない背中に薬を塗ってくれる例も。京橋おとしより相談センター(地域包括支援センター)吉田千晴さんは、ご近所とのつながりは重要だとアドバイスする。

あわせて読みたい

  • おひとりさまのピンチは“長屋的付き合い”で解消?

    おひとりさまのピンチは“長屋的付き合い”で解消?

    週刊朝日

    12/14

    認知症でリフォーム詐欺に! 地域包括支援センターが取った対応とは…

    認知症でリフォーム詐欺に! 地域包括支援センターが取った対応とは…

    dot.

    8/6

  • 40代でも認知症 直面する介護問題にまずは何をすればいい?

    40代でも認知症 直面する介護問題にまずは何をすればいい?

    週刊朝日

    6/20

    親のもしもに備える「療養」「見守り」「緊急時」

    親のもしもに備える「療養」「見守り」「緊急時」

    AERA

    7/7

  • 一人っ子介護の悲哀 乗り切る5つの知恵

    一人っ子介護の悲哀 乗り切る5つの知恵

    週刊朝日

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す