宝塚の“ビリギャル”真矢ミキ テレビで父のキャリア知る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宝塚の“ビリギャル”真矢ミキ テレビで父のキャリア知る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
真矢みき写真集『Guy』Amazonで購入する

真矢みき写真集『Guy』
Amazonで購入する

 元宝塚トップスターとして活躍し、現在も女優として多くの作品に出ている真矢ミキさんが、作家・林真理子さんに意外な宝塚時代を振り返った。

*  *  *
林:宝塚の人って、ドア・ツー・ドアの人が多いですよね。土は踏んでないみたいな(笑)。

真矢:とはいえ宝塚の方、電車に乗りますよ。母体は阪急電鉄ですから(笑)。個人差があるんでしょうけど、私はけっこうドロ臭く生きてます。そういうのが好きなんです。

林:でも、宝塚のあの大階段を羽根つけて下りてきたら、人間、変わりそう。

真矢:野鳥化するってこと?(笑)

林:この世は私のもの、という気になりません? 私、最後のあの大階段、大好き。

真矢:いいですよね。私もやめてから宝塚の本質的な醍醐味はラスト20分だと気づきました。

林:真矢さんは英才教育を受けずに宝塚に入ったんでしょう?

真矢:そうですね。受験の半年ぐらい前に、声楽とバレエに通ったぐらいでした。

林:宝塚音楽学校での成績が、39人中37番の「ビリギャル」だったって、何かでおっしゃってましたけど。

真矢:そうなんです。私、中学のときまではけっこう成績がよかったんですよ。

林:真矢さん、お勉強できそう。

真矢:「このぐらいやればこのぐらいの成果が出る」というのがあったので、宝塚に入ったときその倍ぐらいやったんです。でも芸能は成績が上がらなかった。そのとき初めて自分に失望しました。「才能がないってこういうこと?」って。だから2年目ぐらいでやめようと思ったんです。「こりゃダメだ。次行こう」って。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい