高村自民副総裁、憲法改正に「まだ『機は熟さず』」

憲法改正

2015/05/29 07:00

 高村正彦自民党副総裁、神崎武法元公明党代表、横路孝弘元衆院議長、江田五月元参院議長──。一見、接点のない大物政治家4人には、実は第20期の司法修習生という意外な共通点があった。戦後70年の節目の年。“法のプロ”である4人の目には、憲法をめぐる永田町の議論はどう映るのか。激論が戦わされた。司会は星浩朝日新聞特別編集委員。

あわせて読みたい

  • 安保政策大転換の今こそ考えたい「日本にしかできない国際貢献」ってなに?

    安保政策大転換の今こそ考えたい「日本にしかできない国際貢献」ってなに?

    BOOKSTAND

    7/4

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    dot.

    9/21

  • 日本国憲法の「平和主義」は特徴的? 9条の内容とは

    日本国憲法の「平和主義」は特徴的? 9条の内容とは

    AERA

    6/18

    秘密漏らさなくても処罰? 秘密保護法の本当に危険な点

    秘密漏らさなくても処罰? 秘密保護法の本当に危険な点

    AERA

    1/16

  • 「法律家として悲しい」集団的自衛権の憲法学者があきれるずさんな議論

    「法律家として悲しい」集団的自衛権の憲法学者があきれるずさんな議論

    週刊朝日

    6/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す