忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

原発

2015/05/03 11:30

 震災から4年を経ても、ゴールの見えない収束作業が続く福島第一原発の周辺。福島県大熊町、双葉町にまたがる16平方キロの地帯には、原発事故後の除染によって出た汚染土などを最長30年間保管する中間貯蔵施設がつくられようとしている。ジャーナリストの今西憲之と本誌取材班が被災地の現状をルポした。

あわせて読みたい

  • 政府が福島県民に教えない本当の除染基準

    政府が福島県民に教えない本当の除染基準

    週刊朝日

    1/17

    高線量の汚染土を道路脇に放置 「手抜き汚染」続報

    高線量の汚染土を道路脇に放置 「手抜き汚染」続報

    週刊朝日

    1/17

  • 福島で通学路にも「汚染土嚢」 除染進まず憤る市民

    福島で通学路にも「汚染土嚢」 除染進まず憤る市民

    AERA

    12/6

    先進国はどうしてる? 放射性物質の処理 実際のところ

    先進国はどうしてる? 放射性物質の処理 実際のところ

    AERA

    1/2

  • 増額される安倍政権の東電救済 支払拒否の可能性も?

    増額される安倍政権の東電救済 支払拒否の可能性も?

    週刊朝日

    2/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す