“子どもの病死”第1位はがん 治癒率はもっと上がる?

がん

2015/04/14 07:00

 小児の白血病は約8割が治るようになった。大半が命を落とした30年前に比べると目覚ましい進歩に見えるが、小児がん治療をリードしてきた名古屋大学大学院・小児科学の小島勢二(こじませいじ)教授は「日本の治療レベルはまだ欧米に追いついていない」と話す。

あわせて読みたい

  • 小児がんの拠点病院が誕生 全国15施設が認定される

    小児がんの拠点病院が誕生 全国15施設が認定される

    週刊朝日

    4/1

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    dot.

    7/23

  • 小児がんにも有効な「ミニ移植」とは?

    小児がんにも有効な「ミニ移植」とは?

    週刊朝日

    3/30

    15歳で右足切断を決意… 担当医師が明かす小児がんと闘ったアイドルの素顔

    15歳で右足切断を決意… 担当医師が明かす小児がんと闘ったアイドルの素顔

    dot.

    2/24

  • 急性リンパ性白血病に新たな治療法が登場 がん細胞だけを攻撃するメカニズムとは?

    急性リンパ性白血病に新たな治療法が登場 がん細胞だけを攻撃するメカニズムとは?

    週刊朝日

    8/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す