安保法制改革で自衛隊は「軍」に? 将来は戦死者も出る時代

安保法制

2015/04/02 07:00

 専守防衛が原則の自衛隊が、“我が軍”に近づくために準備されているのが、今国会の最大の焦点である安全保障法制の整備だ。3月20日には自民、公明両党が法案の方向性で合意。その内容は「あらゆる事態に切れ目なく対応」(中谷元・防衛相)するものだという。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す