【美意識ある生活】生地の特長、よく知った上でシャツを選ぶと 「リネンの白シャツ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】生地の特長、よく知った上でシャツを選ぶと 「リネンの白シャツ」

手入れが楽で、清潔さも満点 普段着に最適なリネンのシャツおろしたてはパリッと、洗濯を重ねるとふんわり柔らかく、さらに使い込むとクタッとしてくる。変化してきた風合いや表情に合わせて着こなしを楽しみたい(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

手入れが楽で、清潔さも満点 普段着に最適なリネンのシャツ
おろしたてはパリッと、洗濯を重ねるとふんわり柔らかく、さらに使い込むとクタッとしてくる。変化してきた風合いや表情に合わせて着こなしを楽しみたい(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

肌触りの良い繊細な織り(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

肌触りの良い繊細な織り(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

ゆるく脱水して干せばアイロン不要(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

ゆるく脱水して干せばアイロン不要(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、リネンの白シャツを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■生地の特長、よく知った上でシャツを選ぶと

 クローゼットにあるシャツのほとんどが、リネン(亜麻)の白シャツ。コーディネートしやすいという装いの面でのメリットも大きいが、リネンは普段着に最適の素材。ゆえに、春夏だけでなく一年中愛用している。

 なんと言っても、リネンのシャツは手入れが楽。ジャブジャブ洗濯できるし、ひどい汚れも食べこぼしも少量の洗剤をつけてなじませて洗えば、そうそうシミにはならない。ゆるく脱水して干すとシワがのびてアイロン要らず。抗菌性と速乾性が高く、雑菌の繁殖が抑えられて、汗まみれになっても臭いにくい。それに肌触りが良いから、ストレスフリー。こんなに重宝するのに、今ひとつ着る人が少ないのはリネンへの誤解か、それとも価格のせいか……。

 使い込むうちに風合いが変化するのもリネンの特長の一つ。リトアニア産の高品質リネンを使ったフォグリネンワークのシャツはベーシックなデザインで、長く着続けられるのがうれしい。


<今日の逸品>
FLWレアンシャツ ホワイト 1万7800円
FLWマリオスタンドカラーシャツ ホワイト 1万9800円
FLWソニアトップ ホワイト 1万4800円
(すべて税別)
問い合わせ先:fog linen work(フォグリネンワーク)

※フォグリネンワークのシャツを購入する

週刊朝日 2015年4月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい