歴史も証明「原油安」でふくらむ戦争の可能性

2015/01/25 07:00

 昨年秋以降、原油価格が急落している。消費者にとっては嬉しい話だが、戦争が起きる可能性を孕んでいる。その背景にはロシアの経済危機があるという。ロシア経済は原油と天然ガスだけで輸出の7割を占めており、この原油価格急落でルーブル安となってしまったのだ。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「オバマ不在の間に日本がすべきことは……」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「オバマ不在の間に日本がすべきことは……」

    週刊朝日

    10/18

    通貨危機でも好戦的外交 プーチン大統領の野望

    通貨危機でも好戦的外交 プーチン大統領の野望

    週刊朝日

    12/25

  • ロシアを食い荒らす「オリガルヒ」が、ウクライナ侵攻後もプーチンを支え続ける理由

    ロシアを食い荒らす「オリガルヒ」が、ウクライナ侵攻後もプーチンを支え続ける理由

    ダイヤモンド・オンライン

    3/15

    “伝説のディーラー”藤巻氏 「米国の財政は極めて健全」
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    “伝説のディーラー”藤巻氏 「米国の財政は極めて健全」

    週刊朝日

    10/16

  • プーチン長期政権にひずみ…国民による「テレビvs.冷蔵庫」の闘いとは?

    プーチン長期政権にひずみ…国民による「テレビvs.冷蔵庫」の闘いとは?

    AERA

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す