【美意識ある生活】老眼鏡越しの上目遣い、頑固に見える 「PCビュアー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】老眼鏡越しの上目遣い、頑固に見える 「PCビュアー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
手元もPC画面もくっきり 視点移動がスムーズな老眼鏡自分に合った老眼鏡の度数を見つけるには、30センチほど離れて大小混在の文字がクリアに見えるかをチェックしよう。あまりにキツイ度数は疲れ目の原因になる(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

手元もPC画面もくっきり 視点移動がスムーズな老眼鏡自分に合った老眼鏡の度数を見つけるには、30センチほど離れて大小混在の文字がクリアに見えるかをチェックしよう。あまりにキツイ度数は疲れ目の原因になる(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

レンズの場所で度数が違う(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

レンズの場所で度数が違う(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

スマホやタブレットに(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

スマホやタブレットに(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、エッシェンバッハのPCビュアーを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■老眼鏡越しの上目遣い、頑固に見える

 映画やドラマで中高年を象徴する演技の一つが、老眼鏡越しの上目遣い。口元がへの字で頑固な印象を与える。わが身に置き換えると、この姿はできれば避けたい。とはいえ、一般的な老眼鏡は手元の文字の見やすさに特化しているから、遠くを見るにはレンズを避けるため顎を引かざるを得ず、普段にこやかな人でも不機嫌な表情になる。

 だが、エッシェンバッハのPCビュアーならば、この問題は解決。レンズの上部の度数は低く、下にいくほど高くなるので、伏し目がちにすると手元がくっきり、目線を上げてレンズの上部越しからだと、1メートル先ぐらいまでぼやけずに見える。

 この視点移動のスムーズさは、日常生活でいたって便利。本や資料を見てのPC作業、手元と先生を交互に見る講座やお稽古事、レシピを見ながらの調理など、かなりのシーンで大活躍。筆者が重宝しているのは、旅先で目的地をタブレットで探すとき。見ている姿がスマート。


<今日の逸品>
PCビュアー(ツルの色はガンメタリックとシャンパンゴールドの2色) 7000円(税別)
※度数は1.0から0.5刻みで3.0まで
問い合わせ先:エッシェンバッハ光学ジャパン

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」(http://shop.asahi.com)でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)
※エッシェンバッハのPCビュアーを注文する

週刊朝日 2014年10月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい