認知症を「触れる」「嗅ぐ」でケアする方法

2014/10/18 07:00

 認知症の症状を改善させたり、進行を遅らせたりするのは、なにも薬に限ったことではない。芸術療法や回想法、タクティールと呼ばれる“触れる”ケアなども、薬に劣らない効果を示すといわれている。「非薬物療法」が認知症治療のもう一つの柱となっているのだ。

あわせて読みたい

  • 認知症予防に効果 人生を語る「回想法」とは?

    認知症予防に効果 人生を語る「回想法」とは?

    週刊朝日

    10/27

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    週刊朝日

    4/16

  • 認知症はいつか撲滅する!? 今すぐ実践! 人生100年時代を幸せに生きる方法

    認知症はいつか撲滅する!? 今すぐ実践! 人生100年時代を幸せに生きる方法

    dot.

    1/5

    うつ病併発も 4年間で半数が認知症になる軽度認知障害

    うつ病併発も 4年間で半数が認知症になる軽度認知障害

    週刊朝日

    7/21

  • 増加する高齢者うつ、薬効かない場合は…双極性障害の可能性も

    増加する高齢者うつ、薬効かない場合は…双極性障害の可能性も

    週刊朝日

    5/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す