避難計画は“他人事” 川内原発再稼動ありきの安全神話を信じるな (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

避難計画は“他人事” 川内原発再稼動ありきの安全神話を信じるな

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
今秋の再稼働が確実視される川内原発 (c)朝日新聞社 

今秋の再稼働が確実視される川内原発 (c)朝日新聞社 

 原子力規制委員会は16日の定例会合で、鹿児島県の九州電力川内(せんだい)原発1、2号機の安全対策が新規制基準を満たしているという「審査書案」を了承。今秋の再稼働に向け、事実上の“お墨付き”を与えた。火山や活断層による地震の危険性などに関して甘いと指摘されている。しかし、それだけでなく16日の会見でも避難計画についての質問が相次いだが、田中俊一委員長は、“他人事”を決め込んだ。

「万全か万全でないかは率直に言って判断が分かれるところがありますので、今後どうするかはまだ。私どもの規制の範囲外というところもありますので、審査の中で評価しておりません」

 環境エネルギー政策研究所長の飯田哲也氏が憤る。

「規制委は住民避難は自分たちの責任の範囲外だと言っていますが、規制委の設置法第1条には『原子力利用における安全の確保』について『一元的につかさどる』組織だと書かれていて、当然、住民避難にも責任がある。法令に反することを堂々と主張していて、許せない行為です」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい