避難計画は“他人事” 川内原発再稼動ありきの安全神話を信じるな

2014/07/23 07:00

 原子力規制委員会は16日の定例会合で、鹿児島県の九州電力川内(せんだい)原発1、2号機の安全対策が新規制基準を満たしているという「審査書案」を了承。今秋の再稼働に向け、事実上の“お墨付き”を与えた。火山や活断層による地震の危険性などに関して甘いと指摘されている。しかし、それだけでなく16日の会見でも避難計画についての質問が相次いだが、田中俊一委員長は、“他人事”を決め込んだ。

あわせて読みたい

  • 小渕経産相は“捨て駒”? 振り付け通りの大臣会見

    小渕経産相は“捨て駒”? 振り付け通りの大臣会見

    週刊朝日

    9/18

    国際基準では「動かしてはいけない」はずが…稼働続ける川内原発

    国際基準では「動かしてはいけない」はずが…稼働続ける川内原発

    AERA

    4/26

  • 民進党政調会長・山尾志桜里「原発ゼロはようやくまとまった党是です」

    民進党政調会長・山尾志桜里「原発ゼロはようやくまとまった党是です」

    週刊朝日

    4/29

    地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告

    地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告

    週刊朝日

    9/29

  • 田原総一朗「原発をめぐり真っ二つに割れた司法判断が意味すること」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「原発をめぐり真っ二つに割れた司法判断が意味すること」

    週刊朝日

    4/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す