危ない「相続節税」 税務署にバレて「所得隠し」で追徴課税

遺産相続

2014/03/18 11:30

 相続税は、申告・納付をしても約1年後に税務署の調査が入ることがある。がんで夫を亡くしたAさんは、遺産総額を1億2千万円と申告したが、税務調査で「意図的な財産隠し」が発覚した。何が問題だったのか。

あわせて読みたい

  • 来年から変わる「遺産相続」Q&A 故人の預金が引き出しやすくなる

    来年から変わる「遺産相続」Q&A 故人の預金が引き出しやすくなる

    週刊朝日

    12/8

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    週刊朝日

    6/25

  • 増税で相続税が払えなくて破産!? 相続税対策の王道とは

    増税で相続税が払えなくて破産!? 相続税対策の王道とは

    dot.

    11/8

    「生前贈与」で預貯金の相続税を抑える 金融機関で無料代行商品も

    「生前贈与」で預貯金の相続税を抑える 金融機関で無料代行商品も

    週刊朝日

    12/2

  • 申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    週刊朝日

    12/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す