東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

東日本大震災

2014/03/11 07:00

 東日本大震災から3年の節目にあたり、「今からが自殺の危機が高まる時期だ」と憂える声が上がり始めている。震災から時間が経つに従って、死別や病気、失業、多重債務など、新しい困難な状況が生まれ、それらが重なって被災者を追い詰めることへの懸念だ。実際、阪神大震災翌年の1996年には神戸市で202人だった自殺者が、3年目以降、260人、376人、386人と年を追うごとに増加した。解決の糸口はあるのか、フリーライターの山川徹氏がリサーチする。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災遺児たちの言葉に尽くせない体験…あしなが育英会が共に歩んだ10年とこれから #あれから私は

    東日本大震災遺児たちの言葉に尽くせない体験…あしなが育英会が共に歩んだ10年とこれから #あれから私は

    dot.

    3/12

    3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援
    筆者の顔写真

    小泉正典

    3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援

    dot.

    3/1

  • 熊本地震2カ月、被災者に劣らず支援が必要な人が

    熊本地震2カ月、被災者に劣らず支援が必要な人が

    AERA

    6/15

    「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    AERA

    4/10

  • 地震保険は必要?「もっとも危険なパターン」FP指摘

    地震保険は必要?「もっとも危険なパターン」FP指摘

    AERA

    3/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す