片桐はいり 悲惨なことも笑える性格は幼少期に

2014/01/20 11:30

 女優の片桐はいりさんは、演劇に関して「抜け」を求めるところがあるという。そうした姿勢は、幼少期にすでに根付いていたようだ。

あわせて読みたい

  • 「老いには老いの華がある」野村万作が「楢山節考」に挑む

    「老いには老いの華がある」野村万作が「楢山節考」に挑む

    週刊朝日

    6/3

    大村崑89歳 元気ハツラツじゃない過去”19歳で結核、58歳で大腸がん”つらい時こそ「腹から笑え」

    大村崑89歳 元気ハツラツじゃない過去”19歳で結核、58歳で大腸がん”つらい時こそ「腹から笑え」

    dot.

    5/3

  • 完全なる非日常ではない? 佐野史郎の「演劇論」

    完全なる非日常ではない? 佐野史郎の「演劇論」

    週刊朝日

    3/29

    Chara、新曲「A・O・U」がドラマ『最果てから、徒歩5分』主題歌に決定

    Chara、新曲「A・O・U」がドラマ『最果てから、徒歩5分』主題歌に決定

    Billboard JAPAN

    9/16

  • 片桐はいりが振り返る幼少期「見た目のことで昔は苦労もしました」

    片桐はいりが振り返る幼少期「見た目のことで昔は苦労もしました」

    週刊朝日

    5/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す