仕事、友達、配偶者なしの20~59歳「SNEP」が今急増しているワケ

おひとりさま

2013/11/15 11:30

 20~59歳と人生の盛りなのに、仕事なし、友達なし、未婚。寂しく、孤独な毎日を過ごす「SNEP(スネップ)」(孤立無業者)と呼ばれる人々の存在が今、注目されている。SNEP(Solitary Non-Employed Persons)は、ニート研究の第一人者、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授が提唱した概念。玄田教授の調査によれば2011年の時点で、SNEPの人口はなんと約162万人。00年代を通して急増し、現在この数は20~59歳の総人口に対して、約2.5%を占める割合となっている。

あわせて読みたい

  • 仕事、友達、配偶者なし… 「SNEP」を知っていますか?

    仕事、友達、配偶者なし… 「SNEP」を知っていますか?

    AERA

    6/5

    元エリートも多数 160万人以上存在するSNEP(孤立無業者)のリアル

    元エリートも多数 160万人以上存在するSNEP(孤立無業者)のリアル

    週刊朝日

    11/19

  • SNSの相談窓口も コロナ禍で深刻化する「孤独問題」への取り組み

    SNSの相談窓口も コロナ禍で深刻化する「孤独問題」への取り組み

    週刊朝日

    2/17

    LINEで「死にます」 若者から老人まで蝕む「孤独」、背景に何が?

    LINEで「死にます」 若者から老人まで蝕む「孤独」、背景に何が?

    週刊朝日

    4/2

  • ~果てしない孤独~ 独身・無職者のリアル

    ~果てしない孤独~ 独身・無職者のリアル

    10/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す