放射性物質検査 日本の監視員はEUの10分の1

2013/10/18 16:00

 チェルノブイリ事故から27年を経ても、欧州の食品汚染は終わっていなかった。輸入品のキノコ、ブルーベリーから続々と基準値を超えるセシウムが検出されたのだ。放射能汚染されたものが検疫をくぐり抜けて食卓に届いてしまうのは、検査体制が脆弱なのではないか。

あわせて読みたい

  • 本誌報道で放射能汚染ジャム5千個回収命令

    本誌報道で放射能汚染ジャム5千個回収命令

    週刊朝日

    10/23

    ブルガリア産ブルーベリー 同じ商品3つが全て基準値100ベクレル超え

    ブルガリア産ブルーベリー 同じ商品3つが全て基準値100ベクレル超え

    週刊朝日

    10/16

  • 放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    AERA

    3/2

    主要企業に聞いた放射能汚染「わが社の安全対策」

    主要企業に聞いた放射能汚染「わが社の安全対策」

    週刊朝日

    10/26

  • 食品の放射性物質 厳戒の福島より近隣県にリスク

    食品の放射性物質 厳戒の福島より近隣県にリスク

    週刊朝日

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す