東電の“首領”とつながる処分場誘致の仕掛け人

原発

2013/04/06 11:30

 鹿児島県の南大隈町。かつて高レベル放射性廃棄物の最終処分場誘致話が持ち上がったこの町で、その仕掛け人として暗躍していたのは「謎のフィクサー」X氏だった。町はずれに「白亜の豪邸」を構え、何台もの高級車やクルーザーを持つ、地元で有名な大金持ち――彼こそ、原子力ムラの「暗部」を知るフィクサーとされる人物だった。

あわせて読みたい

  • 「謎のフィクサー」放射性物質の処分場誘致に暗躍

    「謎のフィクサー」放射性物質の処分場誘致に暗躍

    週刊朝日

    4/5

    「新型コロナの影響もあって…」核のゴミ処分場に手を挙げた理由

    「新型コロナの影響もあって…」核のゴミ処分場に手を挙げた理由

    週刊朝日

    9/24

  • 東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

    東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

    AERA

    3/20

    核のごみ問題で過疎の町に「最大20億円」財源の魅力 識者「札束で頬を叩くのはやめるべき」

    核のごみ問題で過疎の町に「最大20億円」財源の魅力 識者「札束で頬を叩くのはやめるべき」

    AERA

    10/9

  • 横浜市長選で菅官房長官肝いりのカジノ構想が“争点”に

    横浜市長選で菅官房長官肝いりのカジノ構想が“争点”に

    週刊朝日

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す