「わたくし」「ごきげんよう」お嬢様な吉高由里子 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「わたくし」「ごきげんよう」お嬢様な吉高由里子

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 高良健吾主演の映画「横道世之介」が2月末に公開される。横道世之介、彼を知ってるだけで人生得した気分になる。そんな超いい人の大学時代の恋人は、吉高由里子さん演じる浮世離れしたお嬢様の祥子ちゃん。「幼稚園以来でした」という白タイツ姿で、「わたくし」や「ごきげんよう」など上流階級語に苦労しながら熱演しました。

 舞台はバブル最盛期の東京と、ちょこっと長崎。あの時代を知ってる人も知らない人も、銀幕の中で世之介と祥子ちゃんのカップルに出会えたことがきっとうれしくなる。人間が愛しくなる作品です。

「時代、なんでしょうね。震災とかでネガティブになりがちなひりひりした時代だからこそ、届くんじゃないかな。私も『世之介』に出会えてほんとによかった!」

 役者・吉高由里子にも、一期一会の作品になったようです。

週刊朝日 2013年3月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい