ぶつからないクルマ 「買い」を見極めるポイント

2013/02/02 11:30

 カメラや赤外線、さらには超音波を駆使しているという衝突防止の機能を備えた「ぶつからないクルマ」。先陣を切ったのは、2009年に発売したスウェーデン・ボルボのSUV(スポーツ用多目的車)「XC60」だった。前方に障害物を感知すると完全に停止する「シティ・セーフティ」システムを搭載したのだ。これを皮切りに国内各社も、衝突を防止、または被害を軽減する新モデルを相次いで発売している。どんな車が「買い」なのか。モータージャーナリストの岡崎五朗氏にポイントを挙げてもらった。

あわせて読みたい

  • 赤外線や超音波を駆使 「ぶつからないクルマ」に乗ってみた

    赤外線や超音波を駆使 「ぶつからないクルマ」に乗ってみた

    週刊朝日

    1/31

    最新のAIは運転中の◯◯を監視する!さて「◯◯」とは…

    最新のAIは運転中の◯◯を監視する!さて「◯◯」とは…

    AERA

    7/17

  • ロボットが食事運び、エレベータ待ちも 近未来な病院

    ロボットが食事運び、エレベータ待ちも 近未来な病院

    AERA

    2/9

    段差教えるヘッドホン、文字読み上げるメガネ…ユニークな発明続々

    段差教えるヘッドホン、文字読み上げるメガネ…ユニークな発明続々

    AERA

    9/9

  • 頻発する高齢ドライバーの事故 運転から「卒業」させるには

    頻発する高齢ドライバーの事故 運転から「卒業」させるには

    AERA

    11/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す