写真家・石川直樹 辺境の地で自身を支える一冊のファイル

2012/12/22 16:00

 2000年に北極点から南極点までを人力踏破。01年、7大陸最高峰登頂を達成。旅、自然をテーマに作品を発表し続けている写真家の石川直樹さんが「旅の道連れ」として必携するのは一冊のファイルだという。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す