辰巳芳子「料理にずっと矛盾を感じていた」と語る

2012/11/10 11:00

 最期を看取るスープ、「いのちのスープ」の生みの親である辰巳芳子さんは、87歳になったいまも、講演などで全国を飛び回り、「いのちと食」について語っている。しかし、昔は料理に矛盾を感じていたという。

あわせて読みたい

  • 辰巳芳子さんが叱った!「最近の料理研究家は『簡単に』連発し過ぎです」

    辰巳芳子さんが叱った!「最近の料理研究家は『簡単に』連発し過ぎです」

    AERA

    11/12

    調理に3時間半 病院で人気の「いのちのスープ」とは

    調理に3時間半 病院で人気の「いのちのスープ」とは

    AERA

    12/22

  • 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」。6月16日「嘉祥(かじょう)の日」は和菓子の日!

    七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」。6月16日「嘉祥(かじょう)の日」は和菓子の日!

    tenki.jp

    6/16

    戦争による“リセット願望” 責任は日本の政治にあると専門家

    戦争による“リセット願望” 責任は日本の政治にあると専門家

    AERA

    3/19

  • 「野上は目が細い。」記者面接での男子学生の文章から見えた「記者」という仕事 難治がんの記者が振り返る
    筆者の顔写真

    野上祐

    「野上は目が細い。」記者面接での男子学生の文章から見えた「記者」という仕事 難治がんの記者が振り返る

    dot.

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す