大流行中の「マイコプラズマ肺炎」を見抜く法

2012/11/05 15:10

「マイコプラズマ肺炎」の猛威が止まらない。国立感染症研究所に全国の指定医療機関から報告があった患者数は、最新の1週間(10月15~21日)で600人。今年1月からの合計は1万7949人に上り、患者が多くなる時期を前にして、過去最多をすでに塗り替えてしまった。

あわせて読みたい

  • 風邪じゃなくて肺がんだった! 非喫煙者も注意すべし

    風邪じゃなくて肺がんだった! 非喫煙者も注意すべし

    週刊朝日

    11/2

    30代ぐらいで丈夫な人ほど重症化 「マイコプラズマ感染症」とは?

    30代ぐらいで丈夫な人ほど重症化 「マイコプラズマ感染症」とは?

    週刊朝日

    1/8

  • 4年に一度、細菌が暴れだす!? 「オリンピック肺炎」大流行の兆し

    4年に一度、細菌が暴れだす!? 「オリンピック肺炎」大流行の兆し

    週刊朝日

    11/22

    咳が出るうちは必ずマスクを 「マイコプラズマ」拡大させぬ方法

    咳が出るうちは必ずマスクを 「マイコプラズマ」拡大させぬ方法

    週刊朝日

    1/10

  • 急性増悪で死に至る可能性も 間質性肺炎の危険性

    急性増悪で死に至る可能性も 間質性肺炎の危険性

    週刊朝日

    11/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す