独「ソーラー経済圏」では家そのものを発電機に

2012/10/18 16:00

 ソーラーパネル、コージェネレーション(熱電併給)、自動車規制とトラム(路面電車)――原発に依存しない代替エネルギーが国民の日常生活に溶け込むドイツ。ジャーナリストの邨野継雄氏は、エコロジーと経済の共存を図る「フライブルク・ソーラー経済圏」を名乗っている、ドイツの古都フライブルク市をレポートした。

あわせて読みたい

  • FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    週刊朝日

    10/11

    菅直人の脱原発ハウス 東京電力から電気は買いたくない

    菅直人の脱原発ハウス 東京電力から電気は買いたくない

    AERA

    5/5

  • 自家発電で「節約+収入」を実現するには補助金利用がお勧め

    自家発電で「節約+収入」を実現するには補助金利用がお勧め

    週刊朝日

    1/11

    ソーラーパネル・人力発電・薪炭…東電フリーな生活

    ソーラーパネル・人力発電・薪炭…東電フリーな生活

    10/29

  • 太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    dot.

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す