竹島問題を国際司法裁判所の判断にゆだねる日本のリスク

2012/09/03 10:04

 野田佳彦総理が8月24日の記者会見で竹島問題に関してこう述べた。1952年、当時の韓国大統領・李承晩(イスンマン)が国際法上違法な軍事境界線を公海上に引いて日本漁船を拿捕(だほ)し、銃撃で漁民の命を奪う暴挙を始めるまで、竹島は一度たりとも韓国の支配に属したことはない、と。戦後70年近くたった今も膠着(こうちゃく)状態にある懸案を最終的に解決する妙案はないのか? ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、日本に「粘り」が必要だと訴える。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗氏 「日本国民は竹島をあきらめているのでは?」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗氏 「日本国民は竹島をあきらめているのでは?」

    週刊朝日

    8/27

    維新の会所属議員が「橋下氏は平和ボケ」と不快感

    維新の会所属議員が「橋下氏は平和ボケ」と不快感

    週刊朝日

    10/1

  • 辛坊治郎氏 「尖閣に人員配置し、裁判にも応じるべし」

    辛坊治郎氏 「尖閣に人員配置し、裁判にも応じるべし」

    週刊朝日

    9/18

    尖閣問題「棚上げ論」には戻れない日本がやるべきこと

    尖閣問題「棚上げ論」には戻れない日本がやるべきこと

    週刊朝日

    9/25

  • 将来日本は中国の「自治州」に? 動画流出のsengoku38が危惧

    将来日本は中国の「自治州」に? 動画流出のsengoku38が危惧

    週刊朝日

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す