池田清彦教授「コンプライアンス偏重が被曝を拡大させた」

原発

2012/07/17 16:37

 福島第一原発の事故直後、米エネルギー省が独自の調査を元に作成した汚染地図データは、在日米国大使館経由で外務省に送られた。外務省はこのデータを経産省原子力安全・保安院と文科省へ転送したが、公表も伝達もされることはなかった。早稲田大学国際教養学部の池田清彦教授によると、この不始末は過度のコンプライアンス重視の弊害だという。

あわせて読みたい

  • 福島原発、3度目の水素爆発の危険性

    福島原発、3度目の水素爆発の危険性

    週刊朝日

    4/19

    原発汚染食品本当に知りたいQ&A

    原発汚染食品本当に知りたいQ&A

    週刊朝日

    4/5

  • 前立腺がん治療薬の廃棄物処理で“被曝”問題

    前立腺がん治療薬の廃棄物処理で“被曝”問題

    週刊朝日

    4/25

    広瀬隆「首都圏の放射能と汚染食品の恐怖」

    広瀬隆「首都圏の放射能と汚染食品の恐怖」

    週刊朝日

    9/20

  • 東日本はセシウム花粉に 林野庁が本格調査へ

    東日本はセシウム花粉に 林野庁が本格調査へ

    週刊朝日

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す