孤立死の姉妹 生活傾き始めたきっかけは…

2012/07/14 07:00

 この冬、Kさん(享年42)と、知的障害がある妹のMさん(同40)の遺体が、札幌市白石区にあるマンションの一室で見つかった。この部屋に暖房はなかった。数年前にはCDを購入したりライブに行ったり、趣味を楽しむ様子もうかがえたというが、その生活は次第に困窮していった。ノンフィクションライターの橘由歩氏が現地で取材した。

あわせて読みたい

  • 札幌の暖房のない部屋で姉妹が孤立死 姉は顎がはずれて…

    札幌の暖房のない部屋で姉妹が孤立死 姉は顎がはずれて…

    週刊朝日

    7/12

    「どうしたの?」2時間後タイ人の妻が急に泣き出した 自主隔離で心のケアが抜け落ちている
    筆者の顔写真

    下川裕治

    「どうしたの?」2時間後タイ人の妻が急に泣き出した 自主隔離で心のケアが抜け落ちている

    dot.

    10/15

  • 死亡したセクハラ被害者両親が北海道新聞社員を刑事告訴

    死亡したセクハラ被害者両親が北海道新聞社員を刑事告訴

    週刊朝日

    5/21

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    AERA

    6/23

  • 自分に合った家計簿アプリは? FPが教える「目的別」選び方

    自分に合った家計簿アプリは? FPが教える「目的別」選び方

    AERA

    11/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す