民間委託の女子刑務所で意外な職業訓練が人気

2012/06/21 07:00

 岐阜県羽島郡の笠松刑務所は公共サービス改革法(公サ法)が導入された唯一の女子施設である。2010年5月から警備を含む運営業務の一部が民間委託されている。目的は、民間のノウハウを活用しながら、職業訓練や教育などの質を高めて再犯防止に努めることだ。いま、変貌を遂げている女子刑務所の実態を、刑務所ジャーナリスト・外山ひとみ氏が潜入取材した。

あわせて読みたい

  • 女子刑務所の過剰収容、高齢化問題のいま

    女子刑務所の過剰収容、高齢化問題のいま

    週刊朝日

    6/23

    刑務所から学校や社会全体の閉塞感を描く 是枝監督も注目の映画「プリズン・サークル」が訴えるもの

    刑務所から学校や社会全体の閉塞感を描く 是枝監督も注目の映画「プリズン・サークル」が訴えるもの

    AERA

    1/26

  • 少年院を出て起業した人も 人生を好転させる動物たちの力

    少年院を出て起業した人も 人生を好転させる動物たちの力

    AERA

    11/3

    女性DJが日本最大の府中刑務所内で11年も出張生放送を続けるワケ

    女性DJが日本最大の府中刑務所内で11年も出張生放送を続けるワケ

    dot.

    11/1

  • 受刑者が塀の中から訴える刑務所のコロナ対策の杜撰ぶり 暴力団抗争激化で「ヒヤヒヤ」と刑務官

    受刑者が塀の中から訴える刑務所のコロナ対策の杜撰ぶり 暴力団抗争激化で「ヒヤヒヤ」と刑務官

    週刊朝日

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す