インド・ジャドゥゴダ ウランが染みる村

原発

2012/05/31 07:00

 インドで唯一、ウラン鉱山がある小さな村。危険を知らされなかった村民たちの周囲では"異変"が起きていた。フォトジャーナリストの木村肇氏が取材した。

あわせて読みたい

  • 原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃

    原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃

    週刊朝日

    3/7

    インドでも反原発運動「安全確保で政府を信頼できない」

    インドでも反原発運動「安全確保で政府を信頼できない」

    AERA

    10/16

  • 動燃の「原発推進」工作で名前の挙がったあの人

    動燃の「原発推進」工作で名前の挙がったあの人

    週刊朝日

    3/13

    曲がり角に立たされた日本の原発 二つの「逆風」とは?

    曲がり角に立たされた日本の原発 二つの「逆風」とは?

    dot.

    11/3

  • “議会消滅危機”人口全国最小の高知・大川村の現地ルポ

    “議会消滅危機”人口全国最小の高知・大川村の現地ルポ

    週刊朝日

    11/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す