白馬岳で6人死亡 専門家「低体温症は気温10度でも起こる」

2012/05/20 07:00

 大型連休中に登山者6人が死亡した長野県の北アルプス・白馬岳(2932メートル)。死亡した人たちは63~78歳。吹雪の中で低体温症にかかったのが原因とみられている。パーティーのメンバーには、1人を除いて長い登山歴があり、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロの経験者もいた。山の危険性について知識はあったはずだ。

あわせて読みたい

  • なんと屋内で! “うっかり凍死”に気をつけろ

    なんと屋内で! “うっかり凍死”に気をつけろ

    週刊朝日

    2/27

    体温はなぜ測るたびに違うのか? 体温計、測り方、時間帯の3つの原因

    体温はなぜ測るたびに違うのか? 体温計、測り方、時間帯の3つの原因

    AERA

    11/21

  • 暑さ終了?夏と秋の大一番 軍配は?

    暑さ終了?夏と秋の大一番 軍配は?

    tenki.jp

    9/9

    危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    tenki.jp

    10/25

  • 内側から元気&キレイに! プラス10分の体温アップ習慣

    内側から元気&キレイに! プラス10分の体温アップ習慣

    tenki.jp

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す