南相馬市 サーファーだから見えた「事実」

2012/03/08 07:00

 津波被害がいまだに生々しく残る福島県南相馬市。震災以前は、極上のサーフスポットがあり、サーフィンの世界大会を誘致するなど、市の地域活性化に取り組んできた。自身もサーフィンを趣味に持つ奥山英樹・福島大学経済経営学類准教授は「そうした海に関わる人間だからこそ見えた事実がある」という。

あわせて読みたい

  • 子どものいない教室、壊れた防波堤…福島に移り住んだ華道家が花をいけ続けた理由

    子どものいない教室、壊れた防波堤…福島に移り住んだ華道家が花をいけ続けた理由

    AERA

    3/15

    宮城県、福島県で震度3の地震 津波の心配なし

    宮城県、福島県で震度3の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    7/3

  • 神さま仏さまはどこにいる ルポ・悲しみや原発と向き合う宗教者たち

    神さま仏さまはどこにいる ルポ・悲しみや原発と向き合う宗教者たち

    AERA

    1/14

    宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    8/22

  • 井戸川克隆前双葉町長が警告「地震大国で再稼働をすると、福島の二の舞いになる」

    井戸川克隆前双葉町長が警告「地震大国で再稼働をすると、福島の二の舞いになる」

    週刊朝日

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す