天皇陛下のお見舞いをめぐる もうひとつの闘い |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天皇陛下のお見舞いをめぐる もうひとつの闘い

このエントリーをはてなブックマークに追加
#皇室

 天皇陛下の退院は3月4日の午後に――。

 明るいニュースの裏では、お見舞いをめぐって、もうひとつの闘いがあった。

 3月1日午前10時45分。美智子さまが東大病院に到着した。集まった人たちに、美智子さまはゆっくり頭を下げ、「陛下はお元気ですよ」とでも言うように、柔らかな笑顔で手を振る。

 15分後、雅子さまが初めて東大病院を訪れた。ベージュのパンツスーツに身を包み、皇太子さまの横で会釈する雅子さまは、ぎこちない笑顔で足早に建物に入っていった。

 翌2日、紀子さまが秋篠宮さまと病院を訪れた。紀子さまのお見舞いもこの日が初めてだった。

 はじめに皇太子ご夫妻、次に秋篠宮ご夫妻、と序列通りに運んだ。

 昨年11月に天皇陛下が気管支炎で入院したとき、秋篠宮ご夫妻は早い時期にお見舞いをした一方で、雅子さまは、なかなか日程が決まらなかった。そのうえ、急遽取りやめたために批判を浴びた。

 そのためか今回は、こんな措置がとられた。天皇陛下の側近である侍従職から、「お見舞いに来ていただく日程はこちらからご連絡をします」と両家に通知があったのである。

「両陛下の周囲は、前回のような騒ぎは避けたいと考えていたようです。調整に慎重を期したため、時間を要したのでしょう」(宮内庁関係者)

※週刊朝日 2012年3月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい