チリ生還の裏で飛び交う金銭

2010/10/20 18:30

 チリ北部サンホセ鉱山の落盤事故で閉じ込められた作業員33人全員が、命のカプセル「フェニックス」に乗って地上へ救出された。その22時間半にわたる美しい救出劇は、現場近くに設けられた特大ビジョンにも映し出された。地元はお祭りムードだが、あまり美しくない事情を抱え、固唾を呑んで見守る人たちもいた。

あわせて読みたい

  • チリ鉱山救出劇とアポロ月着陸を結ぶ「秒のマジック」

    チリ鉱山救出劇とアポロ月着陸を結ぶ「秒のマジック」

    週刊朝日

    1/11

    作業員死亡事故でわかった 福島第一原発救急態勢の欠陥

    作業員死亡事故でわかった 福島第一原発救急態勢の欠陥

    週刊朝日

    4/14

  • 白血病になった元原発作業員 「労災認定されても被曝との因果関係は証明されない」…怒りの訴訟

    白血病になった元原発作業員 「労災認定されても被曝との因果関係は証明されない」…怒りの訴訟

    AERA

    4/22

    安倍政権に物申す! 福島第一原発で異常事故が連続発生

    安倍政権に物申す! 福島第一原発で異常事故が連続発生

    週刊朝日

    3/7

  • 新浄化装置「サリー」稼動でもこれだけある不安

    新浄化装置「サリー」稼動でもこれだけある不安

    週刊朝日

    8/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す