じゃらん、年末年始の予約動向を発表、国内の増加率1位は「大分県」、九州ふっこう割がけん引 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

じゃらん、年末年始の予約動向を発表、国内の増加率1位は「大分県」、九州ふっこう割がけん引

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクルートライフスタイル:報道資料より

リクルートライフスタイル:報道資料より

 リクルートライフスタイルはこのほど、旅行予約サイト「じゃらんnet」の予約状況をもとにした年末年始期間(2016年12月23日~2017年1月3日)の国内旅行動向を発表した。それによると、人気旅行先トップは「東京都」。続いて、北海道、大阪府、千葉県、神奈川県、静岡県と6位までの順位が昨年と同じとなり、安定的な人気旅行先として定着している様子がうかがえた。

 一方、前年と比べた増加率の1位は大分県。2位大阪府、3位徳島県、4位長崎県と続いた。大分・長崎の人気は2016年7月から発行された「九州ふっこう割」利用の予約がけん引。また、8位にランクされた青森では、2016年3月に開業した北海道新幹線の好影響がみられるようだ。

 2016年 年末年始 国内旅行の人気旅行先は上図のとおり。

 このランキングは、2016年11月21日時点の予約人泊実績をもとにしたもの。国内宿泊、ANAじゃらんパック、JALじゃらんパック、インバウンドを通じた国内旅行が対象。1室利用人数1名予約を除くレジャー予約のみも含めている。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい