「キンモクセイ」は2種類あった?月と桂花をめぐる伝説

2020/10/09 20:30

空気の冴える秋は名月の季節。虫の声が月見の風情を盛り上げます。もう過ぎてしまいましたが、今年は10月1日が「中秋の名月」、翌2日が満月で、両夜とも、多くの地域で煌々とした、少し赤みの強い月が見られましたね。今年はその名月を待っていたかのごとく、キンモクセイが10月初旬からいっせいに咲きだしたようです。近年なぜか非常に人気が高く、メディアの露出も多いこの花のもつ謎について取り上げたいと思います。

あわせて読みたい

  • もう出会いましたか?秋の訪れを告げる金木犀(キンモクセイ)の香り

    もう出会いましたか?秋の訪れを告げる金木犀(キンモクセイ)の香り

    tenki.jp

    9/27

    キンモクセイ香り始める

    キンモクセイ香り始める

    tenki.jp

    10/17

  • 豊饒の秋!収穫の秋!七十二候「水始涸(みず はじめて かる)」

    豊饒の秋!収穫の秋!七十二候「水始涸(みず はじめて かる)」

    tenki.jp

    10/3

    キンモクセイ香る 福岡

    キンモクセイ香る 福岡

    tenki.jp

    10/9

  • キンモクセイの風はトイレの思い出? 秋を告げる花・・・たとえその姿は見えなくても。

    キンモクセイの風はトイレの思い出? 秋を告げる花・・・たとえその姿は見えなくても。

    tenki.jp

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す