たまには本気になってみませんか?みんなが笑顔になる、美味しいスイーツを作ってみよう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たまには本気になってみませんか?みんなが笑顔になる、美味しいスイーツを作ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
笑顔になる時間、たくさん作っていきましょう

笑顔になる時間、たくさん作っていきましょう

おうち時間で、いつもより「食べることに手をかけた」という方はとても多いのではないでしょうか?たくさんの工夫や情報を活用したりと、「料理の腕前が少し上がった」と思えるようになった人もいるのでは。今回は、「ちょっとハードルが高そう」だと思われがちなスイーツに挑戦してみることをご提案します♪「作ること」も「食べること」も楽しんでみてください。食後にはきっと『作った自分』に満足感と自信が得られることと思います。


スイーツ作りの基本を押さえておこう!

☆気持ちの置きどころは「丁寧に」

ついついレシピなどをサラッと読んで、工程などをはしょってしまうこともありませんか。しかし、スイーツを作るにあたっては「丁寧に」という気持ちを忘れないで。「難しい」と言われがちなスイーツも、レシピ通りに丁寧に作れば、きっとうまくいきます。

☆はじめに材料をきちんと揃えよう

足りないものを代用したり、アレンジしたりするのは、何度も作って慣れてからです。材料の分量などはきちんと計りましょう。道具も、使いやすいものをはじめに準備しておくと、作業もスムーズに、失敗も少なくなります。

☆準備が大切

スイーツ作りでは、準備が半分を占めるといっても過言ではないかもしれません。準備がとても大切な鍵になります。ここを怠ってしまうと失敗の原因になりやすいので、注意が必要です。主なものを挙げておきますので、参考になさってください。

・型にオーブンペーパーを敷く

焼き菓子などを作る際、型に合わせて敷き込みましょう。生地などが型にこびりついてしまうと、洗うのも大変ですし、のちに焦げを作る原因にもなります。

・バター

スイーツ作りに欠かせない材料の一つでもあるバターですが、大抵のレシピにはそのバターの状態が記載されているので、きちんと守りましょう。作業だけでなく、仕上がりにも大きく影響します。

常温:指がすっと入り、表面がベタベタしていない状態。急いでいるときは、細かく切ったり、電子レンジで10秒ずつ加熱しながら様子をみてください。

冷凍:大抵は1cm以下程度の角切りにして冷凍しておきます。クッキーなどを作る際に使います。手の温度で解けないように素早く生地に練りこんでいくことが多いです。

クリーム状:常温のバターを泡立て器などでほぐし、塊のない状態を指します。

・粉をふるう

この作業は、ダマや不純物を取り除くだけではなく、空気を含ませるためでもあります。仕上がりが滑らかで、軽くなります。時間をおくと湿気を含んでしまうので、準備の最後か使う直前にやりましょう。


まずは慣らし、「みかんゼリー」

粉やバターを使わずに、これからの時期にぴったりの冷たいスイーツを作ってみましょう。ぜひ、アレンジをせずにレシピ通り作ってみてください。シンプル故に、味のバランスがとてもよく、分離などの失敗をしにくいレシピになっています。

<材料と道具>

・直径15cmのエンゼル型

・みかんの缶詰/みかん果肉 150g/シロップ部分 50ml

・牛乳 300ml

・グラニュー糖 大さじ2

・練乳 大さじ1

・粉ゼラチン 8g

・水 大さじ2

<下準備>

・耐熱容器に水を入れて、粉ゼラチンをふり入れてふやかしておきます。(5分程度)

・みかんの缶詰はザルとボウルなどで、果肉とシロップに分けておきます。

<作り方>

1. ボウルに牛乳を入れて、グラニュー糖、練乳を加えて、泡立て器で混ぜます。

2. ふやかしておいたゼラチンを、ラップをせずに電子レンジで10秒ほど加熱して溶かします。溶けなかった場合は追加でもう10秒ほど加熱しましょう。

3. 2.を熱いうちに1.に加えて混ぜます。

4. 3.にシロップを加えて、さらに混ぜます。

5. ボウルの底を氷水に当てながら冷やします。ゴムベラに持ち替えて、ゆっくりと全体を混ぜます。少しとろみがついてきたら、氷水から外します。

6. 型にみかんの果肉を入れて、5.を流し入れます。

7. 冷蔵庫で3時間以上、冷やし固めます。

8. 型にかぶせるように大皿をのせて、皿ごとひっくり返して、そのまま少し揺するとゼリーが型から外れます。お好みに切り分けたら、召し上がれ♪


爽やか!「ベイクドチーズケーキ」

レモンが効いた、爽やかなチーズケーキです。底生地を作らないので、多少ですが、楽に作ることができます。重くないので、何度でも、たくさん食べてしまいたくなる、そんなレシピですよ。

<材料と道具>

・直径15cmの底が抜ける丸型

A. クリームチーズ 300g

A. サワークリーム 100g

A. グラニュー糖 100g

B. レモンの表皮 1個分

B. 卵黄 1個分

B. 卵 1個

・白ワイン(もしくはレモン汁) 10g

・コーンスターチ(もしくは薄力粉) 5g

・バニラエクストラクト 2,3滴

<下準備>

・クリームチーズは室温で、やわらかくしておきます。

・湯気が上がる程度のぬるめのお湯(50℃)を1Lほど(分量外)沸かしておきます。

・レモンは表皮をすりおろしておきます。

<作り方>

1. ボウルにA.を入れて、ゴムベラで練るように、全体を混ぜます。※丁寧に練って、滑らかにしましょう。

2. B.を加えて、泡立て器に持ち替えて、空気が入らないように、ゆっくりと滑らかになるように混ぜます。

3. 白ワインを加えて、さらに混ぜます。

4. コーンスターチ、バニラエクストラクトを順に加えて、都度、混ぜます。

5. 全体がしっかりと混ざったら、ザルでこします。

6. 型に生地を流し入れます。

7. 生地の表面をゴムベラで平らにならします。10cmほどの高さに型を持ち上げて落とし、生地の中の気泡を抜きます。

8. 焼いているときにお湯が入ってしまわないように、型の底をアルミホイルで包みます。

9. バットの上にペーパータオルを敷いて、その上にアルミホイルで底を包んだ型を乗せます。

10. 天板にバット一式を乗せて、オーブンに入れます。バットに、ぬるめのお湯を2cmほどの高さになるように注ぎ入れます。

11. 170℃のオーブンで20分、160℃にして40分ほど焼きます。型のまま、網などに置いて粗熱をとります。冷めたら冷蔵庫に入れて8時間程度冷やしてから型を外します。

12. 適当な大きさに切り分けたら、召し上がれ♪参考

ムラヨシマサユキのお菓子 くりかえし作りたい定番レシピ

ムラヨシマサユキ / 株式会社 西東社


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい