水は溢れるのか涸れるのか。それとも…?和風月名「水無月」考

2020/06/01 09:00

今日から6月。天気のぐずつく日の多い梅雨の季節がやって来ます。明治以前の旧暦時代の6月には、他の月と同様、さまざまな異称がありました。現代では和風月名として流通する「水無月(みなづき)」が誰もが知るところでしょうか。和風月名の中でも水無月は、皐月や神無月、師走とともにメジャーな部類に入りますね。水無月を、水をたたえる月と取るか水が涸れてなくなる月と取るか、中世・近世以来さまざまな説が出されて混迷してきました。でも実はどちらの説も整合性に問題があるのです。しばし考察してみましょう。

あわせて読みたい

  • 「水無月」は水の月。梅雨の曇天に列島がおおわれゆくころ

    「水無月」は水の月。梅雨の曇天に列島がおおわれゆくころ

    tenki.jp

    6/1

    「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    tenki.jp

    12/1

  • 6月の和菓子、「水無月」。無病息災を祈る食べ物って本当?

    6月の和菓子、「水無月」。無病息災を祈る食べ物って本当?

    tenki.jp

    6/28

    文月は、神話の火の神と関わりあり?和風月名「文月」考

    文月は、神話の火の神と関わりあり?和風月名「文月」考

    tenki.jp

    7/1

  • 古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    tenki.jp

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す