もしも、真冬に災害が起きたら?  深刻な「寒さ」から身を守る方法 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

もしも、真冬に災害が起きたら?  深刻な「寒さ」から身を守る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
非常用の持ち出し袋、「防寒」グッズは入っていますか?

非常用の持ち出し袋、「防寒」グッズは入っていますか?

寝袋など、アウトドア用品も避難時に活用できる

寝袋など、アウトドア用品も避難時に活用できる

ちょうど22年前に起きた「阪神・淡路大震災」。
甚大な被害をもたらしたことで知られる震災ですが、真冬に起きたことで多くの方々が寒さに悩まされました。
寒さにさらされると、人間は体力を奪われ、さらに大きなストレスを感じることにもなります。
もしも冬に災害に見舞われた場合、自分自身をはじめ家族や周囲の人びとを、どう寒さから守るべきか? まとめました。

まずは……身近にあるものをフル活用して、寒さをしのごう

「地震で家屋がゆがんだのか、ドアが閉まらない」
「窓ガラスが割れてしまった」
……こんな場合は、すきま風を徹底的にガード。身近にあるものを使って、すきまをふさぎましょう。
段ボールをはじめ、使わなくなったバスタオル、布きれ、板きれなど、手に入るもので。
また、「倒壊」などの危険がある場合は、すみやかに避難することを忘れずに。
「避難所に来てみたけれど、床が冷たくてくつろげない」
……こんな場合も、頼りになるのは段ボール。
座る時だけでなく、布団を敷く際も、段ボールを下に敷いてから敷くと暖かさが違います。

着るもののポイントは「ゆったり」、そして「首まわりのガード」

手持ちの衣服を、まずはしっかり「重ね着」しましょう。
それでも寒い場合は、「新聞紙」を服と服のあいだに入れると保温効果が高まります。
とはいえ、窮屈さを感じるほど重ね着してしまうと、血行が悪くなり、冷えの原因になることも。
カラダをしめつけるような服も、要注意です。
防寒のポイントとなるのは、「首」をはじめ「手首」「足首」などをガードすること。
首にマフラーや、マフラーがなければタオルを巻く。手首や足首のすぼまった服を着る……などの工夫をしましょう。

自分と、周囲の人の「体調管理」に気を配ろう

「ガスや電気などのインフラが寸断され、暖房機器が使えない」
「水不足で、お風呂になかなか入れない」
「非常食に頼ることで、栄養が偏りがちに」
「地震によって埃や粉じんが舞い上がり、空気が悪い」
……災害時は、このように「体調を崩しやすくなる」条件が多くなってしまいます。
とくに避難生活を余儀なくされる場合、ストレスで免疫力が低下し、体調を崩す方がたくさんいるのです。
自分自身の体調管理はもちろんですが、気をつけたいのは「高齢者」や「子ども」、「障がいを持つ人」それに「外国人」。
たとえ具合が悪くても、それを周囲に言わず我慢してしまったり、うまく説明できなかったりするからです。
なるべく元気でいることで、こうした方々に周囲に気を配る「心の余裕」が生まれてきます。
「起きてほしくない」災害ですが、もしも起きてしまった時のためには、日頃から「備え」をしておくのが大切。
この機会に、災害時の「寒さ」対策についても、あらためて考えてみてくださいね。
参考:林春男監修「災害のあと始末 『暮らし』を取り戻すための復興マニュアル」(エクスナレッジ)


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい