湿度に注目! 熱中症は室内でも、梅雨明け前後に増加!

熱中症

2016/07/20 16:30

梅雨明け前後は、暑さと湿気のダブルパンチで、体力も落ちやすい時期。
とくに湿度の高いときに注意したいのが、室内での熱中症です。
ここ数年、室内や夜間の熱中症で救急搬送される人が増えているのです。
温度確認・管理や、水分をしっかり摂るなど、きちんと予防対策をとらないと、誰もが熱中症になる危険があります。
梅雨明け後から急増し、なかでも高齢者の割合が高い熱中症による救急搬送者。
「自分は大丈夫」と過信せず、体調をよく見ながら、夏を元気に乗り切りたいですね。

あわせて読みたい

  • 熱中症に警戒 日差し少ない西日本も

    熱中症に警戒 日差し少ない西日本も

    tenki.jp

    8/19

    熱中症による救急搬送人員 先週は増加 同時期ではここ5年間で最も多く

    熱中症による救急搬送人員 先週は増加 同時期ではここ5年間で最も多く

    tenki.jp

    6/17

  • WBGT(暑さ指数)28℃で熱中症が急増。熱中症のメカニズムから予防、対処法まで

    WBGT(暑さ指数)28℃で熱中症が急増。熱中症のメカニズムから予防、対処法まで

    tenki.jp

    7/6

    熱中症搬送数 昨年の3.5倍

    熱中症搬送数 昨年の3.5倍

    tenki.jp

    7/12

  • 熱中症搬送者数 前の週から約2倍に増加

    熱中症搬送者数 前の週から約2倍に増加

    tenki.jp

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す