買い占めで食料がない! ピンチを“簡易生活”で乗り切った男の驚くべきスゴワザとは

  • 1940年5月16日の京城日報に掲載されていた広告。他人の能力を開花させ、科学的に考えるのが簡易生活の特徴だ。その考え方は長く継承され、戦時中の新聞にも「必要にして十分な量を使えば大丈夫」という趣旨の広告が掲載されていた

    1940年5月16日の京城日報に掲載されていた広告。他人の能力を開花させ、科学的に考えるのが簡易生活の特徴だ。その考え方は長く継承され、戦時中の新聞にも「必要にして十分な量を使えば大丈夫」という趣旨の広告が掲載されていた

  • 関連記事

    • 漫画『美味しんぼ』に夢を砕かれた? 一之輔の“すき焼き”と“せり鍋”

      漫画『美味しんぼ』に夢を砕かれた? 一之輔の“すき焼き”と“せり鍋”

    • 2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

      2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

    • 麦の穂に満ちてきた稔り、二十四節気は「小満」を迎えています

      麦の穂に満ちてきた稔り、二十四節気は「小満」を迎えています

    写真の記事を読む
1940年5月16日の京城日報に掲載されていた広告。他人の能力を開花させ、科学的に考えるのが簡易生活の特徴だ。その考え方は長く継承され、戦時中の新聞にも「必要にして十分な量を使えば大丈夫」という趣旨の広告が掲載されていた
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 小学生で人生を「諦めた」 究極のシンプルライフにたどり着いた男の境地

    小学生で人生を「諦めた」 究極のシンプルライフにたどり着いた男の境地

    dot.

    7/26

    「卯月」の語源は卯の花が咲く頃だから?うと卯と兎と宇をめぐる旅~後編~

    「卯月」の語源は卯の花が咲く頃だから?うと卯と兎と宇をめぐる旅~後編~

    tenki.jp

    4/1

  • 二十四節気「立夏」。唱歌「夏は来ぬ」にこめられた心とは?

    二十四節気「立夏」。唱歌「夏は来ぬ」にこめられた心とは?

    tenki.jp

    5/6

    稲垣えみ子「家メシに華麗さは不要!おかずはブッ込み味噌汁・大で万事解決」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「家メシに華麗さは不要!おかずはブッ込み味噌汁・大で万事解決」

    AERA

    5/18

  • 和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅~前編~

    和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅~前編~

    tenki.jp

    3/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す