日常の何気ない風景がモノクロのアート写真になる面白さ

 パチリと写真を写すと、自分の意図とは違う、何だか不思議なものが写っていることがある。身近な世界が見知らぬ世界に変わって見える面白さ。写真には構図やピント、シャッターを切るタイミングなど、さまざまな要素があり、それを変えることによって写真の見え方は無限に変化する。その面白さや不思議さを追求してきた写真家・森下大輔さんの作品を紹介する。

【関連記事】
写真家・森下大輔が出合った仏教の教え「空」 植え付けられた「ヒヨシのドグマ」から脱却して見えたもの

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す