フォトギャラリー - 写真・図版 | 守り続ける懐かしの味 メイド・イン・東京|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

守り続ける懐かしの味 メイド・イン・東京

このエントリーをはてなブックマークに追加

納豆戦前に深川で創業太平納豆(墨田区)蒸しあがった大豆にジョウロで納豆菌をかける。ジョウロは洗いやすく、扱いやすくて良いという戦後の食糧難の頃、つくれば飛ぶように売れた納豆。全盛期、東京には100軒もの工場があったが、今は数軒を数えるのみだ。納豆は、大豆を蒸して納豆菌を加えて室(むろ)で発酵させ、少し寝かせて出荷する。人気の「東京納豆」に使う大豆は、窪んだ部分が黒い「黒目大豆」。大粒でしっかりした味と歯ごたえがいい。この商品は2010年に新宿の「高橋商店」が廃業した際、なくすのは惜しいと引き継いだ。「大豆もお米と同じで新豆がいい。新年を過ぎた頃が納豆の一番おいしい時期です」と代表の岡崎誠一さんは目を細める。店頭販売のほか、近所のスーパーなどに卸している東京都墨田区太平2―16―5(撮影/写真部・大嶋千尋)

納豆
戦前に深川で創業
太平納豆
(墨田区)
蒸しあがった大豆にジョウロで納豆菌をかける。ジョウロは洗いやすく、扱いやすくて良いという
戦後の食糧難の頃、つくれば飛ぶように売れた納豆。全盛期、東京には100軒もの工場があったが、今は数軒を数えるのみだ。納豆は、大豆を蒸して納豆菌を加えて室(むろ)で発酵させ、少し寝かせて出荷する。人気の「東京納豆」に使う大豆は、窪んだ部分が黒い「黒目大豆」。大粒でしっかりした味と歯ごたえがいい。この商品は2010年に新宿の「高橋商店」が廃業した際、なくすのは惜しいと引き継いだ。「大豆もお米と同じで新豆がいい。新年を過ぎた頃が納豆の一番おいしい時期です」と代表の岡崎誠一さんは目を細める。店頭販売のほか、近所のスーパーなどに卸している
東京都墨田区太平2―16―5
(撮影/写真部・大嶋千尋)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい