フォトギャラリー - 写真・図版 | 文豪の愛した一皿|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

文豪の愛した一皿

このエントリーをはてなブックマークに追加

芥川龍之介僕等は縁台に腰をおろし(略)葛餅を一盆ずつ食うことにした[本所両国]
くず餅 1皿9切れ 545円(持ち帰り用は720~1286円まで4種あり)
 かつて亀戸周辺の家庭で作られていた素朴な郷土菓子を、船橋屋は洗練した上品な和菓子として販売。たちまち評判となった。東京府立第三中学校(現・都立両国高校)の生徒だった芥川も、それに魅了された一人。
「体育の授業を抜け出して来て、くず餅を食べ、学校に走って戻っていったそうです。口元に黄な粉をつけたまま帰ったこともあったと聞いています」(広報・青木優海さん)
 芥川は、戦災で焼失した旧店舗の右奥のテーブルに一人座り、壁に向かって食べていたという
(撮影/写真部・大嶋千尋)

芥川龍之介
僕等は縁台に腰をおろし(略)葛餅を一盆ずつ食うことにした
[本所両国]

くず餅 1皿9切れ 545円(持ち帰り用は720~1286円まで4種あり)
 かつて亀戸周辺の家庭で作られていた素朴な郷土菓子を、船橋屋は洗練した上品な和菓子として販売。たちまち評判となった。東京府立第三中学校(現・都立両国高校)の生徒だった芥川も、それに魅了された一人。
「体育の授業を抜け出して来て、くず餅を食べ、学校に走って戻っていったそうです。口元に黄な粉をつけたまま帰ったこともあったと聞いています」(広報・青木優海さん)
 芥川は、戦災で焼失した旧店舗の右奥のテーブルに一人座り、壁に向かって食べていたという
(撮影/写真部・大嶋千尋)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい